マグナス効果

野球四方山話

マグナス効果(マグヌス効果)ってご存知ですか?

「一様流中に置かれた回転する円柱または球に、一様流に対して垂直方向の力(揚力)がはたらく現象のこと」

勉強嫌いの私には最初ちんぷんかんぷんでしたが、簡単にいうと野球のカーブが曲がる理屈のことなのですね。

ゴルフボールが飛ぶ理屈もこれですね。

回転をかけると球が浮き上がっていくわけです。

女子硬式野球を指導して、男子と違い、パワーではなく技術で遠くへ飛ばすことを考えるようになりました。

ASCAの選手では90m近く打球が飛ぶ選手もいるのですが、その秘訣がこのマグナス効果なのです。

いかに回転(バックスピン)をかけて、揚力を増やすか。

パワーのない女子選手にこそ指導しがいがあります。

ピッチングにも当然応用されますから、いかにストレートの球で縦の回転数を増やしてマグナス効果を与えるかで、実際の速度よりも早く見えます。いわゆる手元で伸びるという状態です。

硬式球はこういった技術でパワーをカバーできるところが面白いですね。